11月21日(土) 掛川駅~愛野駅 歩数7052

掛川駅~愛野駅

愛野駅

掛川駅南口よりスタート。地図で確認しましたが今回も沿線沿いをただ歩くだけで迷うことなく愛野駅まで到着できそうです。

資生堂

途中あるのはここ資生堂の企業資料館とアートハウス。今はコロナの影響で休日が休館になっています。
改めて開館時間を見て思うのは、さわやかウォーキングの時に一度寄ったことがありますが、開館時間前に到着してたような気が・・・。もしかしたらイベントに合わせて早めに開けてくれてたのかもしれません。
資料館の方では資生堂の歩みをその当時の色々な資料とともに見ることができ、小さな売店では小物類とお菓子も買えたりします。あの時はお土産にハンカチを買おうかどうか迷ったのを覚えています。
アートハウスはあの時は絵画や彫刻作品が展示されていたような気がします。1年以上前のことなので流石に記憶は怪しいです。
今回はアートハウスの方は補修中なのか外壁の一部に工事する時の養生をしてあったので見ることはできませんでした。特に今日は休館中なので、門が開いているとはいえ奥の方まで入るわけには行かず引き返してきました。

掛川愛野間の風景

愛野に近づくにつれて、沿線も住宅地から緑地へと移っていきます。自然の中に家が埋まっているといった感じの風景もちらほらと。
中でも印象的だったのはススキの群生地。思えば地元でススキを見た記憶が近頃ありません。ただ単に生えている地域が行動範囲から外れているだけかもしれませんが・・・。

愛野駅南口

そして遠くから見える愛野駅。何階建ての高さだろうと思うほど高い。何故?と疑問に思いましたが、ここは東海道線と新幹線が横並び通っていて、新幹線の架線が高いため、それで高架駅化したのかもしれません。

愛野駅周辺

愛野駅の近くには有名な(少なくとも静岡県中部西部では?)法多山という場所があります。ここの厄除けだんごが有名で、今回はこれをお土産にするべく歩いて買いに行きます。

エコパ

途中見えるのはエコパ。中に一度だけ入ったことがありますが(高校生の駅伝の大会をやっていた時に)、やけに観客席からグランドの距離が近く感じました。とはいえ他の大きな競技場(野球場を除く)には入ったことがないので、比べる対象がないのでなんとも言えません。
もし仮に次にエコパに入る機会があるとしたら、サッカーでもラグビー観戦でもなく、B級グルメなどのイベントで入場~という可能性の方が高いです。

法多山の境内にて徐々に葉の色が緑から紅へと。見頃はいつになるのかな?一部イチョウが落ちていたし、お祭りと同時に来週あたりから真っ赤になっているかもしれません。

厄除けだんご・売店

厄除けだんごは食券を買って売店窓口で交換というスタイルらしく、最初どう買うかわかりませんでした。前回来たのが団子祭りの時だったため、お店の前の敷地に全国から集まっただんご屋のテントが並んでいたりと、勝手が違ったのも原因です(お土産で貰うことはあっても買ったのは初めてで・・・)。
そしてホームページに季節限定のものが売り出される時があるということで、あれば買いたいなと思ってきましたがありませんでした。

厄除けだんご・限定品

一週間早かったという話です。どうも11月28日~12月6日が法多山のもみじまつりらしく、その日に合わせての販売になるみたいです。
その期間の土日は色々な催しものや出店もあるみたいです。
また法多山(尊永寺)ではもみじ柄の御朱印帳と袋が数量限定で販売しているらしく(確認してないので今も売ってるかは分かりませんが)、また秋限定の御朱印も12月13日までやっているようです。
さわやかウォーキングの時期と重なるので、その時にでもまた来るのはありかもしれません。「限定品」という言葉にはあがらえない何かが確かにあるのですよ・・・。

厄除けだんご・開封

厄除けだんごの中はこんな感じ。一気に頬張るのも良し、一本ずつ剥して食べるのも良しです。
団子のお餅部分はもちもちしてますが、柔らかすぎず少し硬めです。餡子は甘さ控えめですが、それがこの団子とマッチしていて美味しさを倍増させてる気がします。しつこくない甘さで一箱をペロリと食べれそうですが、一人で食べると怒られるので我慢我慢。

昼食 いちのつぎ(弐)でかきあげ天丼

ランチメニュー

ということで、食べたこともないしかきあげ天丼を選択。近頃沿線の旅のランチで揚げ物系が続いている気が・・・。
注文は手元(醤油さしやつまようじ置き場)にあるボタンで店員さんを呼んで注文しました。

かきあげ天丼

お客さんはあまりいませんでいしたが10分ぐらい待ったかもしれません。揚げ物系だから時間がかかったのかもしれません。
かきあげは野菜が玉ねぎ・にんじん・ねぎに、魚介系でエビとイカが入ってました。野菜は細かく小さめに切って火の通りを良くしたのか柔らかく、エビとイカの弾力ある食感がアクセントとなっていた感じです。
ただ箸で持ち上げてもかきあげは崩れることはありませんでしたが、箸でほぐすと簡単に崩すことができました。個人的にかぶりつくよりも小さなブロックに分けてご飯と一緒に食べるので、食べやすくて良かったです。味もタレの味が染みていてご飯が進みますが、ご飯の下の方にたまったタレは甘みが強かったので、その時はしば漬けで甘みを中和しつつ食べました。
かきあげは2枚乗っていたので食べ応えはありましたが、ご飯がもう少し多かったらタレの甘みも気にせず食べられたかもしれません。もしくはタレの量がもう少し少なくても良いのかもしれません。
最後は甘味のわらび餅で〆て、ご馳走様でした。
また最初出された飲み物がホットのウーロン茶なのかなと思って定員さんに聞いたらなんとほうじ茶でした。ほうじ茶=後味に苦みが残るイメージなのでわかりませんでした。また湯呑で冷めにくいのを計算してか、熱々ではなく少しぬるめでお茶を出してくれる心遣いは嬉しく感じました(食事中で頃合いを見てお茶のお代わりを聞いてくれたのも良かったです)。

11月21日(土) 一日総歩数24938

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG
PAGE TOP