12月26日(土) 藤枝七福神めぐり(前編)

盤脚院 布袋尊天

しげもとを出てひたすら直進していきます。曲がる必要もありません。途中大通りに合流しますが、そこからもただ直進。やがて歩いて行くと目の前に白藤の里・白藤の滝という看板が見えてきますが、今日は無視して道なりに直進です(気にはなりますが)。最初藤枝霊園の看板が見えたのに、そこもそのまま通り過ぎてしまいましたが、実は盤脚院が藤枝霊園のお隣にあるので、看板の方に入って行かないとダメで、途中で気づいて引き返してきました。
一応藤枝霊園の看板の近くに石柱が建っていて、よく見ると盤脚院の文字が書いてあるのですが、経年劣化か文字がかすれてしまっていて、距離があったので見えませんでした。

七福神めぐりといってもどんな感じに、境内のどこに祭られているかと思いましたが看板があり誘導の標識があったので迷わず来ることができました。
お参りを終えて、帰りに七福神用の御朱印?があるらしいとのことで尋ねてみると、印刷されたものならあるとのことだったので今回は購入をやめました(他のところも印刷だと思いますよ、とのこと)。基本的に御朱印は手書きのものだけという自分ルールがあるためです。

清水寺 大黒尊天

盤脚院を出てからは来た道を引き返し、以前ロードバイクで通ったことがあったルートで清水寺へ(ちなみに地図を見ながら歩きましたが、道を間違えて少し迷いました)。藤の里トンネルを超えて、道を下ると見えてくるのは清水寺への看板と藤枝総合運動公園。あとは道なりに坂道を登っていくと、清水寺へと続く階段が見えてきます。

  • 清水寺

清水寺はお祭りなどイベントがあるのをポスターで知っていたので、何度かウォーキングの目的地として歩いてきたことがある場所ですが、七福神が祭られている場所だとは知りませんでした。しかし神様はお酒好きなのか・・・?

心岳寺 福禄寿尊天

今回も実はYahoo!JAPANの地図機能を使ってルートを決めたわけですが、清水寺から心岳寺へのルートは本当に色々な意味で危ない道でした。無事到着出来たのは運が良かったからとしか言えません。

  • 獣道

基本一本道なので迷うことはありませんが、進めるかな?と迷うような横道(よく見ると先には続いてない)があったりと、分かりづらい道が続きます。緩やかな登り道になっていて、上へ上へと行くに連れて足場は悪くなるし、途中竹が倒れて道が塞がっているところがあったりとトラブルがいっぱいでした。それでも人の手が入った地面が見えると、この道は大丈夫と根拠のない安心感を勝手に感じて先に進みました(最悪引き返せば良いし、と)。
そして無事に抜けた先に道路があったわけですが、獣道をぐるぐる歩いたせいで方向感覚が分からなくなって、抜けた先がT字路になっていたためどっちに曲がれば良いか分からず困りました。最終的に地図と照らし合わせて左方向に向かったわけですが、人も通りそうもない僻地を歩くなら、やっぱり現在位置と目的地を検索できるスマホがそろそろ必要かな?と思いました。半信半疑ながら坂道を進んでいきましたが、途中で救いの神が現れました!実はその人、清水寺から下りてくる途中ですれ違った人で、声をかけて心岳寺への道を聞くと間違っていないと教えてくれたので、不安は払拭されてのんびりと向かうことが出来ました。本当に感謝です。

  • 心岳寺

ここには先の2軒にあった藤枝七福神〇〇の看板がありませんでしたが、福禄寿尊天は祭られて?いました。
しかし相も変わらず、今日は人がいない。清水寺で一組の親子に会った以外、参拝する人にも会わないし、お寺の関係者にも会いません(盤脚院ではインターホンを押して、呼び出した感じです)。この3軒のお寺はどこも町中から離れた山の中に近いところにあるから仕方ないのかもしれません。

後編へ続く・・・

Follow me!

最新情報をチェックしよう!

藤枝を歩くの最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG
PAGE TOP