2月6日(土)清水山

蓮華寺池公園を歩く

2月に入り徐々に花が芽吹いてきました。
桜の季節にはまだ早いですが、梅は徐々に咲いているようです。
今日はある目的があって蓮華寺池公園に再び来ました。近頃月一回は訪れているような気がします。
蓮華寺池公園の正面入り口から入り順路通り反時計回りで歩いて行きます。
郷土博物館前を通り、日本庭園を眺め、藤棚へ続く道を通り過ぎ、野外音楽堂へと続く道に入ります。
その奥に進むと梅園。少し赤味がかかった光景がそこにはありました。まだまだ見頃には程遠いですが、彩があるとみる景色もかわってきますね。

梅園

今回は梅園より古墳の広場を目指します。
道沿いの左手に上に登る階段があります。看板は特にないので注意が必要です。
上からの見晴らしはなかなか良いです。ただ所々足場が悪いので足元に注意しながら歩かないといけません。

  • 梅園からの入り口

登って行くと分かれ道もありますが、その都度看板があるので道に迷うことはありませんが、はっきりした目的地が決まってないと現在位置が分からなくなる時があるかもしれません。
蓮華寺池公園の周囲を回っているので迷うことはないと思いますが、一応案内板などの簡易地図を頭に入れておくと安心です。
特に郷土博物館から古墳広場方面は舗装された道路になっているので良いのですが、古墳広場からお姫平方面への道は、お姫平からさらに先に進むと悪路になっているのでわかりにくいです。

富士見平展望台の先が古墳広場になります。
富士見平展望台から天気が良い日は富士山が一望できます。
前々回来た時は雪をかぶっていなかったのでわかりにくかったですが、今回はこれぞ富士山という要望でした。
ただ帰宅して録画した番組をみたら、雪が少し少ないようなことを言っていたので、ところどころ雪が見えない個所も本来は白く染まっているのかもしれません。

富士山を眺めながら一休み。
ここから先はいよいよ今回の目的であるハイキングコースの入り口に向かいます。
最初は半信半疑でした。どうしても蓮華寺池公園から清水寺のある清水山に行けるとは思えなかったため。
ただ実際にハイキングコースがあるわけなので、一度は行ってみたいと思い今回歩いてみることに。決してウォーキングの行き先に困ったからではない・・・はず。

蓮華寺池公園から行く清水山へのハイキングコース

本当にあったハイキングコース。意識していないと気づかないで通りすぎてしまう感じで、前回通った時はまったく気付きませんでした。
道は人が一人で進むには十分な幅がありますが、二人並んで歩くには少々狭いといったところです。
たくさんの人が歩いているからか、踏みしめられた道は踏み固められていて歩きやすい。
等間隔ではありませんが、一定間隔で看板もたっているので安心して歩けます。
基本木の看板ですが、古くなって朽ち果てたのか、ところどころ新しい標識になっていたりします(コーティングされた紙製?の)。
市の職員の方なのか、誰かがコースの状態確認のために動いてくれているんですね。
最初は雑木林の間を抜けていくような感じで、日差しもそれほど差し込んでこないので涼しさがあります。
今日は少し気温が高くて暑い感じでしたが、快適に歩けます。吹き抜ける風が心地よいです。
清水山方面から歩いてきた人と時々すれ違ったりしながら進みますが、歩いている人はそれほど多くないような感じです。

雑木林を一時抜けると茶畑の脇を通る道にでます。
ここは進行方向右手は相変わらずの雑木林ですが、左手は開けていて市内を一望できます。
しばらく開けた場所を歩いていきますが、やがてまた雑木林に囲まれたコースに戻ります。
左右上方を木々に囲まれたところを歩いていると、不思議な気分になります。非現実的な世界を歩いているような感じです。
それほど日常生活では自然に触れることも、囲まれることもないということです。
途中で多少のアップダウンはありますが、急こう配というほどではないので概ね歩きやすいです。

しかし、本当の難所はここからが本番でした。
三叉路でしたが看板があるので道に迷うことはないですし、分かりずらい時は看板がしっかりあるので安心できます。
問題はこのハイキングコース(獣道)の終着点でした。
ハイキングコース上に雨水が排水されるような仕組みになっているのか、最後の急こう配の階段が雨水の影響なのかかなり削られています。
ところどころ補修されたあとはあるのですが、木の根が露出された箇所も多く、足の踏み場も限られていて登りづらい。
ただ個人的には登り道だったからまだ良かったと思います。
逆にここを下っていく方が大変だったような気がします。もっとも比較的スタート地点に近い場所に難所があるので、そこさえクリアしたらあとは歩きやすいので、それを思うとどっちからスタートした方が楽かは判断がつきません(清水山側から行くとなると、まずは清水山に登らないといけないので、結局疲労は蓄積されているでしょうしね・・・)。

そこを抜けたらあとは舗装された道を道なりに歩いて行きます。
途中葉梨方面を一望出来たり、富士山を見たりと、景色を楽しみながら歩けます。
ただはじめて歩くハイキングコースのため、あとどれぐらい歩いたら目的地につくんだろうという思いがなかったら嘘になります。
緩やかですが上りと下りを繰り返していきますしね。
けどそれも終わりついに清水山にある清水寺に到着。今まで清水寺に来るときに通った道の、ちょうど反対側から来たことになりました。
そもそも清水寺が山頂にあると思っていたので、その先にまだ道があるとは思っていませんでした。
ちなみに今月の2月20日から22日は清水寺のお祭りですが、20日の鎮火祭は中止との看板がありました。
お祭りの時にやっている金色御朱印の看板はあったので、他は通常通りに開催されるのかもしれません。コロナ禍の影響かと思うので、間近にならないとまだはっきりしたことは分からないかもしれません。
公式ホームページには鎮火祭の中止も特に書いてないようなので(2月6日現在)、遠方から行こうと思っている方は確認した方が良いかもですね。

  • 清水寺へと続く道

お昼はあきん亭で!

清水寺で休憩をして山を下りて行きます。
時間はお昼を食べるのにちょうど良い時間ということで、当初の予定通りあきん亭でラーメンを食べることに。
店内は混んでいて、ちょうどテーブル席が一つ空いているだけでしたが、またずに座ることが出来ました。
そして昼食後は今度こそ家にご帰宅。
藤枝市がだしている「ふじえだハイキングコースガイド」によると、一応蓮華寺池公園から清水山にいく清水山コースは 中級コースで紹介されているハイキングコースでした。

あきん亭

Follow me!

最新情報をチェックしよう!

藤枝を歩くの最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG
PAGE TOP