2月20日(土) 富士山静岡空港

藤枝駅から行く富士山静岡空港への道

先日(2週間ぐらい前かな?)静岡そこ知りでゆるキャン△関係の番組が放送されました。
そこで富士山静岡空港でパネルの展示があるということで、今回はそこを目的地に設定して歩くことにしました。
スタート地点は藤枝駅。島田駅や金谷駅と比べると距離がありますが出来るだけ歩くスタイルはここでも変わらず(ちなみに富士山静岡空港行のバスも藤枝駅南口より出ています)。

  • 富士山静岡空港バス停

藤枝駅南口側より出発して歩いて行きます。
まずは横断歩道を渡りBIVI藤枝の前を通り右折して直進していきます。
青島中学校前を通りすぎると、岩城神社の看板がそこに。視線をそちらに向けると別世界へ続きそうな入口があります。
急ぐ旅でもないのでちょっと寄り道。
鳥居を潜り階段をのぼっていくと小高い丘に。さらに上に登る道もありそこには東屋が建っていますが、そこには寄らずにお参りです。
木々に囲まれた場所で、暑い夏などは涼しく静かに過ごせそうです。
(中学校近くにあった「わたしの眠りいなべ」もちょっと気になりました。時々寝付けない日があるんですよね。特になかなか決まらないのが枕。一度オーダーメイド枕とか試してみようかな・・・)

  • 青島中学校前バス停

岩城神社から戻ってきて歩くのを再開。
ここからは何度か交差点を渡りますが、T字の当たるまでひたすら直進。
そしてT字路の交差点にぶつかったら島田方面に行くため右折します。
右折してからはまたひたすら直進します。
途中いちごの販売所があったり(お客さんが並んで買っていました)、比較的新しい神社があったりしましたが、大井川に近づくにつれて住宅地が増えて行きました。
やがて大井川まで到着すると突き当りを左に曲がり、谷口橋を渡っていきます。
谷口橋前にある「さくらはしそくどうきょう」は、川の両側に並ぶ桜並木が圧巻で、桜が咲くとさぞかし映えるだろうと思われます。
また大井川の河川敷には、舗装された道があり、以前ロードバイクに乗っていた頃にはここまで来て走らせていました。
今日もランニングやサイクリングした人をちらほらと見かけます。
ここはしまだ大井川マラソンのコースにもなっているんですよね。

  • いちご販売所

しかし今日の大井川は、橋を渡り切るのに四苦八苦させられました。
一番の原因は風。横殴りの強風で体が煽られ、気を抜くとバランスを崩して転倒しそうで怖かったです。
足を踏ん張り、体重をかけながらどうにか渡り切り一息。糖分(チョコレート)補給を行い再び歩き出します。
谷口下バス停まで歩き、その向かいにある(左側通行していた場合)横道に入り、そこを直進します。
そこからは緩やかな登り道。そこを登りきると一面の茶畑と遠くに見える富士山。晴れていてはっきり見えましたが、少しもやがかかっていて山肌が見にくく、一見すると山頂の雪の白だけが見えて空に浮いているように見えました。
景色を楽しみながら直進し、左手に神社(敬満神社)が見えてきたら大きな道路に出るのでそこを左折します。
すると「水と緑のまち云々」のオブジェが!それを横目に最初の交差点を今度は右折して再び直進します。
道は一本道なんですが、ここが少し鬼門でした。
茶畑が延々と続き変化のない光景が続くため目印が何もないため、どこまで歩けばいいのか分からなく、ここ曲った方が良かったのかなど疑心暗鬼に陥りそうになりながら歩き続けました。
地図で蓬莱橋の入り口とあるので、きっと看板が見えてくるだろうと言い聞かせながら歩き続け、そしてついにその看板が!
右手に折れれば蓬莱橋に行けますが、目的地の空港には左折すればいけるということで左折することに。
これなら島田駅から空港を目指すのに、蓬莱橋を渡ってこれるなと思いましたが、風の強い中蓬莱橋を渡るのは・・・無理がありそうでした。蓬莱橋って、風が強いと通行禁止とかになるんだろうか・・・。

  • 谷口下バス停近く

空港は牧之原の高台にありますが、一度道を下り、そして空港入口の看板のある交差点から再びゆるやかな登り道になります。
残り4キロの標識が見えてあと少しかと思ったのもつかの間、そこからがまた大変。だいたい2キロぐらいですが、登り道が続きます。
急な坂ではないのですが、向かい風もあって足がなかなか進まない。昔この道をロードバイクで良く登れたなと思いながら、黙々と歩きます。
緩やかな坂を上り切ったら最後に右折。ここでも先が見えない直線がのびて、ここも黙々と歩きます。
舗装された道できれいなためか、それとも空港を目的にやってきたのか、サイクリングする人を結構見かけました。
また驚いたことに、有料無料駐車場があるのですが、結構有料駐車場に車が停まっています。
飛行機は欠航が多くてあまり飛んでないようですが、僕みたいにゆるキャン△目的に来る人や、観光感覚で空港に訪れる人が多いのかもしれません。
あとは旅行で実際に他県にいっている人が、利用しているのかもしれません。
あとは空港前にある展望広場があって、そこからは富士山や、東山にある茶文字もしっかり見えて見渡しは良かったです。
もうちょっと飛行機が飛んでいれば飛行機も見れたかもしれませんが、僕が到着する時に一便飛び立っていったためか、空港内には飛行機の姿は一機も見ることはできませんでした。
余談ですが藤枝駅から富士山静岡空港までだいたい20000歩でした(万歩計で計測)。

  • 展望広場

ゆるキャン△の展示パネルを堪能する

以前来た時よりもだいぶ様変わりしている感じがします(一度来ただけで何年ぐらい前だったか・・・)。
あの頃は食事できる場所も魚河岸ずしぐらいしかありませんでしたが、今はイートインがあり、食事できるお店も増えています。ただ一人で来ると、どうしてもイートインは利用しずらい。空いている席が、注文をしている間に埋まってしまうこともあるので、気軽に利用できません。もっと席とか取りやすかったら違うのにな、と思いつつお昼を空港で食べるのは諦めました。
目的の展示コーナーは2Fの隅の方にありました。
キャラクターのポップパネルに、テレビアニメに使用されていたイラスト。さらには実際に静岡にある場所の展示物などがありました。
一応台本も飾ってありましたが、それはショーケースの中に。
他にもゆるキャン△のファン?の方がいて熱心に眺めている人や、写真をとっている人もいました。若者が多いですが、気になるものは気になるので若くなくても興味があれば行くのは仕方がないと思います!
地元民というよりも静岡県民として、なんか知っている場所が紹介されたりすると嬉しいんですよね。
以前だったら(半引き込り?状態の時は)ここまで興味を持つことはなかったことでしょうが、さわやかウォーキングのお陰で県内を色々歩きまわったことが影響していると思われます。
またカフェコーナーではゆるキャン△カフェをやっていました。
一応一通り見て堪能出来たので、あとは空港内のお土産売り場をチェックをして帰路につきました。
空港発の各バスがだいたい13時15分頃にあるようでしたが、まだ一時間以上あったので当初の目的通り金谷駅まで歩くことに。
バスで帰るようならお土産を買っていっても良いと思いましたが、歩きだと重くて無理そうなので諦めました。
最終的にJR金谷駅で電車に乗り藤枝駅まで戻ってきましたが、バスの到着時間と大差ない時間で帰ってくることが出来ました。
最終的に33000歩あるいたので、今日は「足すっきりシートの休眠時間」を忘れずに貼って寝ようと思います。
ちなみにゆるキャン△の展示は2月いっぱいのようなので気になる方はお早めに!

  • ゆるキャン△POP

Follow me!

最新情報をチェックしよう!

静岡を歩くの最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG
PAGE TOP